« 散髪と買い物 | トップページ | 地震が多いですな »

2005年5月30日 (月)

F1:ドイツ (ヨーロッパGP)

ふぇえ、ライコネン、最後の最後にフロントサスアーム破壊ですか!!

カーボンの”パリッ”とした性質を如実に現すトラブルですねぇ。

金属のような塑性変形する材料ならば、どんどんアーム類が曲がっていって、やばいぞぉーってのが分かるんだろうけども、脆性材料であるカーボンは一気に破壊点まで達してしまう…でも、壊れるまでは何の問題もなく走れてしまう。

壊れるまでは最強、壊れたら、一気。そういう材料ですよね、カーボンって。

怖いですが、レーシングカーでは、これが無いことには始まらない材料ではあります。

|

« 散髪と買い物 | トップページ | 地震が多いですな »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16888/4335058

この記事へのトラックバック一覧です: F1:ドイツ (ヨーロッパGP):

« 散髪と買い物 | トップページ | 地震が多いですな »