« イギリスからパーツが | トップページ | SRAM RED ブレーキの写真 »

2008年12月22日 (月)

SRAM RED ブレーキ

Imgp8605

まず結論、
非常に良いです。

比較対象はシマノ 105(BR-5600)。
シューは純正だったりSWISSSTOP ブラックだったり、コルクのシューだったり。

カーボンリムで使うので、REDのシューはSWISSSTOP YELLOW KINGに換えました。

200km程走ってきましたが、とても高い剛性感とストッピングパワーに好印象。

効きが甘いとか、逆に効きすぎてコントロールしにくいと言うこともなく、制動力がレバーの引き量に対してリニアに立ち上がってくるのが良いです。
レバーの引き量に対する摩擦力の変化は、ほぼキャリパーの剛性に依存するので、ブレーキキャリパーの剛性が高い証拠ですね。
シマノのブレーキのようにアーチに”庇”のようなボリュームがある訳じゃないのに、この剛性、しかも軽量と、とても気に入りました。

肉抜きだけで軽いわけじゃなく、良い材料と良い設計でボリュームの増加を防いで、軽くなっていると言う印象です。

あと、SWISSSTOP YELLOW KINGとZippホイールとの組み合わせも良い感じです。
ストッピングパワーの立ち上がりに不自然さはなく、効きも十分。
コルクタイプのように止まるたびに焦げた臭いがしたり、消しゴムのように減ることもないです。止まる瞬間に音が鳴ることもありますが、私は気にしませんので問題なし。

不満点は、”RED”ブレーキなのに、赤い所がひとつもないところ!(笑)
ワンポイントでもほしかったなぁ、ワイヤーアジャスターのところとか…。
今はSWISSSTOPのシューのせいで”YELLOW”みたいだからね。(笑)

参考:

実測重量
F:139g
R:135g

純正のパッドは
SWISSSTOP POWER BLACKっぽい(ロゴはないけど、刻印と形状から推測)
パッドはシマノと共通です。

値段は144ポンド、大体20k円ですね。

|

« イギリスからパーツが | トップページ | SRAM RED ブレーキの写真 »

KHS Club2000」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16888/43493428

この記事へのトラックバック一覧です: SRAM RED ブレーキ:

« イギリスからパーツが | トップページ | SRAM RED ブレーキの写真 »