« 明日はもてぎエンデューロ7H | トップページ | 沖縄旅行3日目(偽ツール・ド・おきなわ二日目) »

2009年11月 3日 (火)

もてぎエンデューロ

エンデューロ(=耐久レース)、耐久レースは車の場合、車の耐久性の戦いですが、
自転車の場合は、人間の耐久性が問われます(笑)

「せっかく走るんなら長い方」という安易な選択をした7時間耐久レースに行ってきました。

前日
ボチボチ準備をして、親から車を借りる。
オートマじゃないと帰りが不安だし、Unoはちょっと怪我してるからね~。
レンタル代はコストコのドレッシング2本。

4時半のゲートオープンに間に合うようにすると、2時出発。
23時から2時間寝る。

起きて出発!
首都高を走ってるときに、サイクルコンピュータを荷物に入れたか不安になる。
ちょっとゴソゴソ探しながら走るけど見つからない。
そんなことをしてたら、常磐道の分岐を間違えて通り過ぎる。
ちょうどいいので、高速を一旦降りて荷物を捜索…。

ないなぁ。

一旦戻ることを決断。
片道30分のロスだけど、コレがないとレースがつまらない(笑)

家に戻って探すけど…無い。
うーーーん、やっぱり積んだか??

荷物をもう一度確認。

有った…補給食の袋に入ってた…。

急いで再出発!

順調にもてぎに4時40分くらいに到着。
場内に入ると…やっぱり駐車場渋滞か…。
車を止めたらピットへ。

げっ、そんなに遅くないはずなのにピットは場所取りされて空きが無い。
しょうがないから外に荷物を放置して受付へ。
途中でTeam DDWのヒロセさんと会う。場所が無いなら一緒にどう?と嬉しいお誘い。
結構一人でレースに行くと寂しいので、良かった(笑)

ローラー台は重いので車に置きっぱなしでろくにアップもせずにスタートを待つ。

軽量化は、パドックからトンネルをくぐってグランドスタンド側に行くと空いてます。
(かなり重要なTips!)
まったく並ぶ必要も無く完了。

試走もアップもせずに、スタートを待ちます。
(今考えると失敗だったかなぁ~)

そんなこんなで8時半のスタート!
まったくアップをしてないので、最初は楽だといいなぁと思いきや、全然速い。
登りでダッシュしたら足がいきなり攣る。

先頭集団で走行。
ここまでの集団走行は初めてだったので、変な動きをしないように、まっすぐ走ることに集中。
まあ、初めての割には素人っぽさを出さずに済んだかな?神経は磨り減りますね~。

5周目くらいに登りで気を抜いたら切れてしまった。
ヤバイ。

一人で追走しようとするけど、ちょっと無理~。
5人くらいの追走集団が来たのでそれに乗る。
3周ほどローテーションしたのかな?
結局先頭集団には追いつけず。

もう常に足は攣りっぱなしだったので、5人の集団からも登りで切れてしまった。
どうしようかなぁと思ってると、(4hの?)大集団が来た!

ここぞ!とばかりにダッシュしてついていく。
一安心と集団後方にいたら、登りで、中切れしてた!
登りが遅い中切れ集団だったので、次の登りで落車もあり、集団は崩壊。
あーあ。

コレくらいで大体2時間。
ここらへんは足が攣りっぱなしな以外は割と調子が良かった。
気を抜かないで集団に”必死で”ついていくのが大事なんだな、と認識。
一人になったら終わる(笑)

さあ、ここらへんから辛い時間帯が(気持ち的に)。
ペースが合う人と平地は走り、登りで大体千切り(たまに千切られ)、くだりで速い人について下る。
という感じ。時間が経つのが一気に遅くなる…。
水を多めに取ったら足の攣りが多少良くなった。

Ihavecarさんの「こーざいさーん、がんばってー」にだいぶ助けられた。感謝!

第一コーナー付近で「あ、こーざいさんだ!」という声が。
あれ?亀吉夫妻が居る!?日大のレースに出てなかったんだ。
コチラもパワーを頂きました。ありがとうございました~。

4時間経過し、4hの人たちがゴール時間を迎えたとき、私は登りの真っ最中。
聞こえてくる実況「おつかれさまでした~~~」に「いやいや、全然まだだから」と
突っ込みをしながら走る。

その後は、4Hの人たちが居なくなったので、寂しい&イイペースの人が居なくて
厳しい展開。

あと3時間…。

腰がどんどん痛くなってくる。
残り2時間くらいからもう全く踏めなくなる。

一人で走っていたときにトイレ休憩。

その後も、良いペースの集団が居たら乗っかって楽をしたりしたけど、
踏めないので登りで大体千切れる。それの繰り返し。

残り一時間。
腰が痛くて死ぬ!再び休憩。
今度は背中周りのストレッチを入念に。
すこーーーーーしだけ良くなった。

残り一時かんばんばる!
…とは思えない。

列車に乗ったり乗られたりして何とか残り30分。
30分くらいなら頑張れそう(笑)
少しだけ頑張り始める。
残り10分で最後のオーバルに入ったとき、にひと思案。
「時間内にゴールラインを通過してしまったらあと一周走らなくてはならない」
記録優先なら当然頑張るのが正解。
でも、僕の腰が「あと一周なんてしたくない!」と訴えた。
というわけで、スピードを抑えて、時間調整!
20km/h弱のタラタラしたスピードでオーバルを走る。
あと3分!2分!!とかいうカウントダウンが聞こえるが、はやる気持ちは全然無いので、冷静にペースコントロール。
だって、間違えたらあと1周しなくちゃならないんですよ!それは死活問題!!(笑)
ちょうどオーバルのピットレーンに入ったくらいで7時間経過!
そこからは安心して(笑)最後のスパート。

結局7時間0分42秒でゴール。
感動のゴールというよりは、やっと終わったという安堵のゴール。

ピットへ戻るが…屈めない!
四苦八苦しながら靴を脱いで横になる。

もう長くなったから後は良いよね。
帰り道に公共の温泉に入って、仮眠室で1.5h(20:30までしか使えなかったので)をして帰ってきました。

つかれたーーー。

順位は
31位/179出走
33週(237.6km(サイクルコンピューターだと227km))
7時間0分42秒
平均時速33.8km/h

20091101

http://motegi7h.powertag.jp/result2009/7h-010-1.pdf
一応PDFの1ページ目に載れて満足。

最後のペースコントロールのおかげで、同一周回の中ではトップでした。
ということは、頑張っても順位はほどんど変わらなかったって事ですね!

今回の自転車:
128_1927

リヤはZIPP 404。フロントはキンリンの手組み。
ドリブンスプロケットは11-23のトップ3枚と、12-23の残りを組み合わせた変則ギヤ。下り対策で11を入れた代わりに、14が無くなっています。
ドライブは50-33。
タイヤはフロントがコンチネンタルのGP4000S、リヤはビットリアのコルサエボKS。

あ、そうそう、サドルのローミンSLもいい感じでした。アレが痺れることも無かったし、きっちりホールドしてくれるポイントもありつつ、いろいろなところに座れる形状で、かなり気に入ってます。

|

« 明日はもてぎエンデューロ7H | トップページ | 沖縄旅行3日目(偽ツール・ド・おきなわ二日目) »

KHS Club2000」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

自転車レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16888/46661189

この記事へのトラックバック一覧です: もてぎエンデューロ:

« 明日はもてぎエンデューロ7H | トップページ | 沖縄旅行3日目(偽ツール・ド・おきなわ二日目) »