« Tour of Japan 東京ステージ | トップページ | Renn ディスクホイール »

2010年6月 8日 (火)

Mt.富士ヒルクライム

去年に引き続き、今年も富士山に自転車で登ってきました。

Imag0232

ヒルクライムレースは3回目。

去年と変わったのは自転車のフレームが変わって少し軽くなったところ。

体重は去年より減を狙ったのですが、結局ほとんど一緒にしかならなかった。
70kgの壁は厚い…

利根川TTでそれなりの結果が出ているので薄々感じているのですが、どうやら僕は「平坦系」らしい。体重が重いので重力に負けやすい!

でもまあ、坂は好きだから頑張る!

…と申し込んだまでは良かったのですが、事前準備に余り気合が入らず、宿の予約とかも全くせずに一週間前。まー、一旦帰るか、車中泊かなんかで野宿すりゃいいだろ!とテキトーに考えていたら、Twitter上でグループライド講習会を一緒に受けた@redboot_bootlegさんが、宿がキャンセルで空いてるんだけど誰か泊まりませんか?と。

これはチャンス!と急いで返答。

というわけで宿は確保!しかも会場から超近い!
いやいや、助かりました、ありがとうございました!

というわけで土曜の2時頃に会場に着。
受付を済ませて宿で@redboot_bootlegさん達と合流。

Imgp3931

車に積むときに何故か破損した@redboot_bootlegさんの自転車のシフトワイヤーを交換したり、自転車談義などしたり、僕が持っていったカーボローディング用のパンとかドーナッツとかいなり寿司とかの量に呆れられたり(笑)楽しい時間を過ごしましたが、明日も4時起きなので10時くらいに就寝。

Imag0236

呆れられた食べ物の量(笑)
おすそ分けはしましたよ~!

バンガローのなかはこんな感じ!

Imgp3934

4時に起きてて、ゴール地点に送っておく荷物を預けてアップ。
ローラーも持って来てたけど、他の2人に合わせて実走で。
スバルラインの入り口から料金所付近までを1.7往復くらい?

自分の中では一番真面目にアップしたレースとなりましたw

待機エリアに自転車をおいて歩いて宿へ。(近いから超便利!)
インナーを着替えたり、最後の補給をしたり、レッドブル飲んだりしてレースに備える。準備万端!

Imag0239_2

相変わらずすごい人。お祭りだね、こりゃ。

で、スタート。
同じ宿で同じスタートグループの@shibazo_zoさんと序盤は一緒に…と思ったら、序盤の勾配がきつい所であっという間に見えなくなっちゃった(笑)
勾配が緩んだら追いつける…とは思ったけど、目標タイムの差的に難しいかなぁ、と思い見送り。

体重が重いと急勾配はひたすら我慢するしかない。パワーを掛けるとあっという間にThresholdゾーンを超えてしまう。いつもヤビツTTで失敗してる反省を生かして序盤は自重。

あ、今回もPowerTapは使ってません。Edge500の勾配計を利用して一定パワーとなるような勾配→速度のカンペを作ってそれに従って走るのみ。
心拍計は最近あらぬ値(230bpmとか)を叩きだすので、余り信用せず。

前半から中盤には同じような走り方をする人と一緒に走ってそこそこいい感じで行けた。アルカンシェルジャージの人「坂は遅いので先行ってください」自分:「僕もです!(笑)」

ケイデンスは高めで90rpm付近狙い。ただ回すのじゃなく、「踏んで回す」のを意識、基本的には踏み込み型のペダリングで、時々蹴り出し型のも繰り出して使う筋肉を分散させる。ただし、ダンシングは極力使わず。

中盤13kmからの直登で4~5%の緩斜面が続くゾーンは下ハンシッティングを多用。ほぼ一人牽きだったので少しでも空力がいいポジションを取りたかったのと、意外とパワーが出しやすい感じだったので。後ろに人がついてるのは分かってたけど、あえて振りむいたり先頭交代を要求することも無く、あくまで淡々と走った。

で、20km看板手前の急勾配を蹴り出し気味にパワーを掛けたら腰痛がががが!

ダンシングすると少しマシなのでその急勾配はダンシングでクリア。
その後は腰が痛くないフォームを試行錯誤しながら、上半身をリラックスさせて脚だけで頑張るフォームで切り抜ける。ちょっとパワーは落ちるけどしょうがない。

その頃には前方には誰もいなくなる。後ろにいる気配は有るけど…。
僕のボーナスステージ=最後の平坦ゾーンを前に、ローテーション出来るような人がいればいいなと思っていたんだけど…しょうがない!

というわけでやってまいりました!デブのためのボーナスステージ!前腕をハンドルに乗せて偽エアロポジションを取り(これだと何故か腰が痛くない!)ペダルを100rpmで踏み回す。後ろに人がいるけど、スピードを落としてまでローテーション出来そうな人じゃないっぽい(前に出ようと横に出てそのまま後ろに下がることを何度かしてた)。でも向かい風なのか35km/h出すのが精一杯。去年は40km/h出したんだけど…。

最後の上りに入り、僕の後ろにいた人が抜いていく、コノヤローと思いついていくが、だいぶ脚に来ている。しかもダンシングをし始めたタイミングも早すぎて脚がキツッッイ!残り200m位で完璧に売り切れましたが、なんとか根性で速度をキープしてゴール。

15分切りは見えていたけど、限界でまったく対応出来ず!
でも、これはそれまでのペースでのダメージではなく、最後のスパートが早すぎたための限界。ちと反省ですね。

というわけでゴールタイム

Imag0246

去年のタイムを4分更新でした。

Imag02411

素晴らしい天気!

Imag0238

Xenithもよく走った!

2010_mtfuji_hc_d

Totals

Duration:

1:15:09

Time Riding:

1:15:00

Distance (km):

24.0

Elevation Gain (meters):

1230

Averages

Average Speed (kph):

19.2

Average Heart Rate (bpm):

190

Average Cadence (rpm):

87

平均心拍があり得ない値…

CSVでも公開してみよう。

反省点は、減量が当初思ったよりも進まなかったこと、腹筋&背筋の筋トレが足りなかったこと。スパートのタイミングをミスったこと…かな!

機材の話や、何故か選ばれた下山パトロールの話などもあるけど、ひとまずここまで!

|

« Tour of Japan 東京ステージ | トップページ | Renn ディスクホイール »

GPS&PowerTap」カテゴリの記事

Jamis Xenith SL」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

自転車レース」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。

おみごとな成績でさすがですね。

☆体重70kg☆わたしも一緒です。

投稿: trueblue66 | 2010年6月 8日 (火) 07:15

おぉ!いいタイム!来年は70切りを狙って下さい。来年はすばるとあざみが重ならないことを祈りつつ。

投稿: ニャロ | 2010年6月 8日 (火) 07:55

ごめんなさい、コメントつけ忘れてました。
trueblue66さん:
良いようなそうでもないような…というタイムで微妙です。まあ、体重重い割に頑張ったってことで(笑)

ニャロ(メ)さん:
減量がもうちょっとマトモに進んでたら70分狙いだったんですけどね~。アザミはドMコースでかなり気になります(笑)

投稿: こーざい | 2010年6月17日 (木) 01:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16888/48571917

この記事へのトラックバック一覧です: Mt.富士ヒルクライム:

« Tour of Japan 東京ステージ | トップページ | Renn ディスクホイール »