« 今度はSUGOだよ | トップページ | 引っ越しました »

2010年9月 7日 (火)

秩父宮杯レースレポ

58thchichibumiyacup09

参加して参りました。伝統の公道レース、秩父宮杯。クラスは市民レーサーB。
ますます好きになった記事はコチラ(上)
公道レースはホントに皆さんの力で実現してるんだなと思いますよ。交差点のところには必ずスタッフの方がいたりして、ほんとうに感謝です。

そんな素晴らしいレースを開催してくれている主催者のためにもがんばらなきゃね!

そんなわけで2週間くらい前から焦ってトレーニング開始(結局付け焼刃かよ・笑)
通勤と夜練で練習をぼちぼち積み上げて、レース2日前からレスト。StressBalanceは-8くらい。かなりいい感じと思う。
(StressBalance=パワーメーターでトレーニングを管理すると分かる数字。トレーニングの積み上げと、回復具合が分かる)

Kouzai_shinsuke_20100907_00812

体感的にも脚の筋肉のミッチリ感などはかなり良い感じ。
体重は71kgと自然に1kg程落ちた。
(けどカーボローディングと称して前日に食いまくったので恐らく戻っているかプラス)
連光寺~尾根幹の夜練に参加してから痛くなった腰はマッサージに行って良くなった。が、全然関係ない背中が揉み返しのようで痛い。

4時前に起きて4時半に出発。
実はあんまり寝付きが良くなくて寝れなかったけど、横になっている時間は長かったので特に問題無し。背中は少し傷んだけど、骨とか筋に関わるものではなく、どちらかというと打撲系の痛みなので我慢するか忘れれば問題ない。

6時半頃にミューズパークの展望台第2駐車場に到着。
アップでミューズパークの登りを登る。良い感じかな、だけど少し睡眠不足気味でフワフワする。

@shi_no_sukeさんが現れ、一緒に受付。その後@igappiさんや@jmzさんも現れ、お話。
上にいても暇だしってなわけで、スタート地点に向かう。
スタート地点でも@masahifさんなどとお会いしてお話&開会式。

10:00にパレード走行スタート。
絶対後ろの方は危ないと@masahifさんに言われて前から二列目をキープ。
後ろのほうが集団が伸びたり縮んだりするから走りづらいハズ。案の定減速するたびに「ブレーキ!」と声がかかっていた。前の方はごく普通に走れました。

本コースに到着してスタート。
スタート位置は2列目。
んんん?みなさん牽制気味だなぁ。
200W程度で前に出て牽いてみる。

このまま先頭で最初の上りに入った。
ら、イソヤのカツオ君がいきなり行った!おっ!元気だな!追走。
急斜面のヘアピンに入ったところ位で再び先頭に。試走の時のデータ上、キープできる最大パワーで登る。
一つめの登りを先頭で通過。アウターで登り切ってしまった。

お楽しみの下り。
先頭で入ったので、遠慮無く飛ばす。
楽しい!イン側をいっぱいに使ってカントを利用してギュイン!とカーブを曲がるところなんて楽しすぎる。
二車線を使ってアウト-イン-アウトをやると、最後のアウトはカントが付いているから逆バンクになるので注意。
アウト-イン-真中か、逆バンクを頭に入れて余裕を持ってアウトを使いましょう。

二つめの登りは1/3位惰性で登って、あんまり踏まずに後ろを待つ。集団の中に入って二つめの登りをクリア。
もういっちょ下って平坦へ。
平坦に入ってもカツオ君は元気、僕と2人+1位で先頭をローテーション。
先頭を牽くときもそんなに頑張る感じはなく、260W位で牽くかんじ。

頑張ってるつもりはないんだけど、ローテで先頭を牽く頻度が多く、登りを頑張っちゃったのでその疲労を抜く時間がない。
登り手前の直線でローテから下がるときに@masahifさんから「落ち着いていきましょう!」と言われてしまった(笑)
「ハーイ」と返事(笑)

後ろを振り向いて集団の人数をチェック…むぅ、結構いるなぁ…。

Chichibu_lap1

2つ目の登りの前に息を整えてフワッとアプローチ。ガツンと行かない。
と思ったら、第1マークのターボー君がアタック!
(ターボー君はJCRC第1戦の川越で僕と逃げを形成した一人。僕は落車で脱落しましたが…)
登りじゃ僕はマークできないぞ、誰か頼んだ(笑)
やはり登りは辛くて集団後方に下がる。まあこれは予定通りの走行パターンとも言える。
途中、@0rkenさんとも並走(僕が抜かれる方)するが、結構辛そう。
下りでは黄色キャップの人がバラバラ居て、思うようなラインを取れずに集団に追いつかない。
2つ目の登りを惰性で登ったところで集団に追いつく。ついでに集団前方に復帰。

どうやら、ターボー君が一人で逃げてカツオ君と黒ジャージの人と@yama-keiさんの3人で追走しているらしい。

なぜか下りからまた僕が先頭を牽く(笑)
58thchichibumiyacup08_2

黒フレーム+シャマル?の人とラバネロっぽい色使いのジャージの人とで先頭を回すことが多かったかな?(上の写真の四人ですな)

すり鉢状のアップダウンがあるところで追走との距離を確認。
んー、追いつくかな?登りで先頭が遅かったので追い抜いたついでにペースアップ。
グラファイトデザインの交差点位で@yama-keiさんを吸収。その先で黒ジャージの人が落車した!
(縁石に当たった感じ??)
となるとカツオ君が一人で頑張っている状態か…これは追いついてしまうと逃げを吸収するだけになるし、カツオ君を一人にするのも辛そう、と言うわけで迷ったけどちょっとアタックして吸収。
カツオ君には少し後ろについて休んでもらう…が僕もちょっと最後の上りが心配になってきたので平坦を死ぬ気で踏む感じには出来なかった。と言う感じで集団に追いつかれてしまう。ターボー君の逃げも容認した格好になってしまった。

追いつかれたならローテをしてもらって休もうとするが、なぜかローテから下がるたびに4人目の人が車間を開けてローテに入らない気満々。
なんじゃそりゃ?と思いながら最後尾くらいまで下がるのもヤだからそこで列に入る。
結果的に4人でのローテとなる。カツオ君もしっかりローテ回してるし…。

Chichibu_lap2

そして最後の坂に突入。登り口くらいでカツオ君アタック、カツオ君全然元気じゃないか!スゲーな(笑)
僕も最後の力を振り絞って登り始めからガッツリ行く。
途中の緩斜面でかなりパワーが出なくなり、「踏み直せっっっ!」と思わず自分に声を出してしまう(笑)
@yama-keiさんにも抜かれ際に声をかけられる。辛そうだったんだろうなぁ(笑)

微妙に千切れ風で一つめの登りをクリア。
フラフラする頭で下りを攻める。しかもコンタクトが乾燥して視界が悪くなってちょっと危なかったけど、2つ目の登りの惰性で行けるところで集団に追いつく…がその後やっぱり離される(泣)
こういう時に気を抜くのが悪い癖だな。

最後の下りはもうかなり足が動かない状態だったけど、なるべくスピードを乗せるように頑張る。
平坦に入ってシッティングスプリント。かなり早掛けな感じで一人を抜く…が、バッチリ後ろに付かれてるのを影で確認。
こりゃいかんな(笑)
最後のコーナーを曲ってダンシング開始!が、後ろの人が抜いていく!あー、無理(笑)
もう一人にも最後に抜かれる。
超イッパイイッパイだったので後ろを振り向いて、もうだれもいないのを確認して足を止めて惰性でゴール。

Chichibu_lap3

あーーーしんどかった。
レースが終わったあとこんなに息が整わないのは久しぶりだ。

ターボー君にレース後話しかけたら川越のことを覚えていてくて嬉しかった(笑)

Totals

Duration:

1:13:04

Time Riding:

1:02:54

Distance (km):

33.1

Work (kJ):

754

Elevation Gain (meters):

332

Averages

Average Speed (kph):

31.5

Average Power (watts):

173

Average Heart Rate (bpm):

160

Average Cadence (rpm):

80

Metrics*

xPower (watts):

262

Relative Intensity:

0.919

BikeScore™:

103

Daniels Points:

87

Daniels EqP (watts):

272

Aerobic Decoupling (%):

-33.28

パレード走行&ダウン込みの数値

結果:
13位/77

IMAG0640

自転車:
Xenith SL (コンポは大体SRAM RED)
Fホイール SRAM S40
Rホイール PowerTap ELITE+ 手組(フリーボディーをアルミの物に変更して軽量化)
タイヤ F:Vittoria Open Corsa EVO CX R:Continental GrandPrix4000S
チューブ ミシュラン ラテックス
ペダル Time RXS Ti Carbon Ulteam
ギヤ ドライブ50-34 ドリブン11-23
重量 7.36kg

人間:
カーボローディング前体重71.6kg

ウェア:
ビブ Gore Power III Cycling Shorts SS10
ジャージ TwinSix "The MOTOR"
インナー Craft Cool Mesh Superlight Sleeveless
ソックス SmartWoolPhD Ultra Light Mini Cycling Socks (ウールの靴下が大好き!)

表彰式のアルバム

|

« 今度はSUGOだよ | トップページ | 引っ越しました »

GPS&PowerTap」カテゴリの記事

Jamis Xenith SL」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

自転車レース」カテゴリの記事

コメント

最後の登りでアタックをかけてこのまま逃げ切れる!!と自分の足を過信したのが失敗でした、、、
ゴール直前のスプリントまで脚がもちませんでした。
今後もっと頭を使った走りを心がけなければ駄目ですね。
一緒に楽しませて頂き、ありがとうございました。

投稿: カツオ | 2010年9月 7日 (火) 03:34

お疲れ様でした!
頭を使ってないっぷりは僕も負けません(笑)

色々と反省はあるけど…まあ楽しめたからいいやね!

投稿: こーざい | 2010年9月 8日 (水) 23:26

先日はお疲れ様でした!

こちらこそ覚えていてくださって嬉しかったです(^^

またレースではよろしくお願いします(^^


※リンクさせて頂きますね!

投稿: た~ぼ~ | 2010年9月10日 (金) 23:28

た~ぼ~さん:
ども!いえいえ、覚えてるも何も、いつもチェックしてましたよ(笑)
JCRCでは同じクラスになるのはチョットしんどそうですが、ヨロシク!

投稿: こーざい | 2010年9月13日 (月) 13:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16888/49375079

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父宮杯レースレポ:

« 今度はSUGOだよ | トップページ | 引っ越しました »