« RENNディスクホイールの修理 | トップページ | タイムトライアル用自転車 »

2010年12月21日 (火)

埼玉クリテリウム 第一戦

Dsc_6260

出てきました。

出場クラスは、未登録中級者クラス。

全く練習もしておらず、強い人だらけっぽくて心配でしたが…。

アップはニャロメさんと実走でやったり、ローラーで軽く回転を上げたり。

スタート

スタート直後は集団中盤。
ほどなく集団後方に。

これはある意味作戦で、コーナーの度にスローイン ファーストアウトでフルパワーダッシュして、後ろを振るいにかける作戦。いい感じに人数が減っていきました。

4周目はかなりまったりペース。ちょっと集団も大きくなっちゃったかな。スタート&ゴール地点だけは何かざわざわとした雰囲気になります。嫌だなぁ。

そして5周目。実はこの時コーナーの立ち上がりでダッシュを繰り返しすぎて、太股の付け根あたりの筋肉がちょっとアレな感じに。
スプリントにちょっと不安が残るのでどうしようかなー。と考えていたら、バックストレートで一人逃げを吸収してマッタリした雰囲気に。

スルスルっと前に出てしまういそうになるところで一瞬考えた。

「先頭牽くなら逃げよう」

というわけでフルパワーでアタック!(MAX 1250Wを記録した)
残り1.4km。

なんかニャロメさんが叫んでいる!
その時はよく聞こえなかったので「一緒に行くぞ!」的な言葉だと思っていたら、「誰か追って!」だったらしい、仲間じゃないのか!(笑)

後ろを振り向かずペダルを回す。
後ろには誰もいる気配はない。

最後の直角コーナーまでは平均500W位、52km/h。
追うなら潰れる気で来ないと追いつけない出力をあえて出す。

後ろは見ない。

コーナーを曲がったら少しペースを落とす。400W、44km/h。
限界ギリギリだけど、一人牽きでは出せないし、集団で追うにしてもきちんとローテが回らないと出せないスピードを保つ、というか、保ちたい。

残り500mで若干苦しくなって400Wをキープできなくなったときに一回後ろを見た。
200m位離れてるかな。

よし、いけそうだ。

ゴールが視界に入った残り100mで最後のダッシュ。

ゴール!
逃げ切った!

100mほど走ったところで野茂風のガッツポーズ。

20101219_152012

30秒平均のライドグラフ。

Interval Name

Duration

Distance (km)

Work (kJ)

Average Power (watts)

xPower (watts)

Max Power (watts)

Average Heart Rate (bpm)

95% Heartrate (bpm)

Average Cadence (rpm)

Average Speed (kph)

2

04:48

3.1

67

232

250

1091

171

175

83

38.6

3

04:38

3.0

74

267

278

1054

173

178

91

39.1

4

04:50

3.1

60

208

227

1113

172

176

88

38.3

5

04:24

3.0

100

380

388

1250

179

187

96

41.3

Selection #2 (263 watts)

23:30

15.2

370

263

296

1250

172

186

87

38.9

自転車はフロントホイールがSRAM S40、リヤはパワータップ。

|

« RENNディスクホイールの修理 | トップページ | タイムトライアル用自転車 »

GPS&PowerTap」カテゴリの記事

Jamis Xenith SL」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

自転車レース」カテゴリの記事

コメント

優勝おめでとうございます。
かっこいい勝ち方ですね!
この調子で残り3戦もいっちゃって下さい。
ところで、最終周以外でもMax Powerが1000W超えてますが。。。w

投稿: いいじま | 2010年12月21日 (火) 09:28

ありがとうございます。
1000Wは立ち上がりでほぼ毎回出していた様です。11回記録されてます(笑)

投稿: こーざい@zaikou | 2010年12月21日 (火) 10:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16888/50357928

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉クリテリウム 第一戦:

« RENNディスクホイールの修理 | トップページ | タイムトライアル用自転車 »